B型肝炎やウイルス訴訟の事なら弁護士にお任せ│士業お探しナビ

訴訟

企業法専門の女性弁護士

熊谷真喜弁護士は東京都千代田区にある二重橋法律事務所に所属する弁護士であり、特に企業法の中でもM&Aを得意分野としています。様々な企業法、企業内問題に関する著書やセミナーもあるので興味のある方にはお勧めです。

» 詳細

検査から治療まで

訴状を出す時の注意点

幼少時に受けたウイルス感染予防注射には、ある一定の時代のみ同一の注射器を使い回ししていた時期があります。これによりB型肝炎ウイルスに感染した人が続出したため、国は訴えを起こした人のみ和解すれば給付金を支払うことを認めています。この制度が決まった事で、幼少期の注射器使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人が訴えを起こし始めています。B型肝炎訴訟は対象となる人のみ訴状の申請が認められているので、過去のデータや記憶を辿りに準備します。ただしここで一つ注意点があり、特定B型肝炎ウイルス感染者に関する特別措置法には、請求する期間が設定されています。決められた期間内に訴訟提起の準備を整えなければならないため、安易に構えている時間は無いです。

支給についての豆知識

B型肝炎ウイルス訴訟を起こし国と和解した場合は、症状や病態に応じて給付金が支給されます。支給される給付金の額は一人一人異なり、症状が変化した場合はその都度に金額も変動する性質を持っています。給付金の仕組みを知る事でB型肝炎の治療も変わってくるため、事前に確認しておく事が大切です。B型肝炎ウイルス給付金の最高額は肝がんや重度の肝硬変等になった場合で、次に軽度の肝硬変と続きます。20年以上症状が出ていない場合も条件を満たしていれば給付金の対象者となるため、思い当たる場合は申請できます。国を相手に起こすB型肝炎ウイルスの訴訟では、いくつかの手順が必要になるため個人で行うのは難しく、多くの人が専門家に依頼します。

会社法専門の女性弁護士

熊谷真喜弁護士は、二重橋法律事務所に勤務する女性弁護士です。特にM&Aなどといった企業の吸収や合併、会社法を得意としており、また、会社法に関する著書も多数あり、それだけでなく各地で会社経営者を主に対象とするセミナーも行っています。

» 詳細

会社法のエキスパート

熊谷真喜弁護士は企業問題を主に取り扱っており、企業の吸収や合併を特に得意としているものの、それ以外の会社経営に関する様々な問題にも対応してくれます。また、セミナーなども行っているので、企業経営に悩みがある人にはお勧めです。

» 詳細