B型肝炎やウイルス訴訟の事なら弁護士にお任せ│士業お探しナビ

裁判

企業法専門の女性弁護士

経歴は

熊谷真喜弁護士は東京都千代田区にある二重橋法律事務所に所属している弁護士です。この熊谷弁護士は1997年に弁護士の名門である大学の法学部を卒業し、その3年後の2000年に弁護士登録を果たし、二重橋法律事務所の前身である法律事務所に入りますが、その3年後、外務省の国際法局へ出向します。その2年後に分裂した三井法律事務所へ戻り、それから現在の二重橋法律事務所の所属となっています。もともと二重橋法律事務所は企業法を得意とする弁護士が多く集まっている法律事務所であり、熊谷真喜弁護士も同様です。また、熊谷真喜弁護士は企業法に関する著書もあり、また定期的に詐欺などに遭わないための講演会、セミナーも行っています。

実績は

それでは熊谷真喜弁護士の弁護士としての実績はどのようなものであるのでしょうか。これに関しては、外務省へ出向している経歴もあるので、とても優秀な弁護士であることが伺えます。また、様々な大手企業の訴訟問題でも企業側、株主側どちらの立場での弁護を行っており、とても優秀な成績を残しています。また、企業法の中でも合併に関する問題を得意としている弁護士であり、友好的に解決することを前提とした話し合いを進めてくれる弁護士なので平和的解決で終えることが出来ます。また、敵対的な状況でのM&Aも取り扱っており、それに関する実績も多数あります。また、講演会も行っており、主に会社内で起こった反乱や投資に関する内容のものであるので興味のある方にはお勧めです。